トップ 泉龍院について 境内案内 寺の行事 交通案内

s 泉龍院について

創立:応永二十四年(1417年)室町時代、明の太宗建文十五年に当る
山号:田澤山(でんたくざん)
林号:青枩林(せいしょうりん)
寺号:泉龍禅寺・最初は潜龍院と称し、後に泉龍院と改む
宗派:桐生・細川氏の頃は天台宗であり、後に曹洞宗に改む(1546年)
開山:不盡大壽(ふじんだいじゅ)大和尚禅師(天文二年(1533年)6月1日進出、永禄四年(1561年)正月二十二日示寂)
開山禅師は、天文二年(1533年)6月1日進出し、後に大和尚自ら釈迦牟尼仏の尊像を刻り、当院に安置し、天台宗より曹洞宗に改宗(1546年)。
本尊:南無釈迦牟尼仏・南無薬師瑠璃光如来
伽藍:開山当時の伽藍は、本堂(法堂)・薬師堂・庫裡(大・小)・衆寮・客殿・宝蔵・倉庫・鐘楼・山門・総門等、優に叢林の規模を備えていた。
御朱印:当山は、石高九石三斗の御朱印地を慶安二年(1649年)の徳川三代将軍家光公の時より代々、受け賜っていた。

 

徳川家光公の命により建造された山門

 当山は、山林号を有する関東屈指の古禅林であり、全国より修行僧が集まり、学を講義して修行させた寺として宗門僧侶出世の道場として有名であった。文久三年(1863年)には当山にて栴崖奕堂(せんがいえきどう)禅師(後に大本山総持寺独住第一世、勅賜弘済慈徳禅師)が百日間の法要・教化をされた。

泉龍院由来に関する民話はこちらをご覧ください。
 
山門に掲げられた林号の額

 泉龍院の厄除け由来
泉龍院は、元の名を潜龍院といい、その昔皎龍が山中の池に潜み、里に出ては旅人は勿論、里人畜類までも害していた。たまたま、当地方を旅していた高僧がそのことを聞き、人々の難儀を救わんと山中にわけ入り、池のほとりに坐して背負い来りし薬師如来の像を前にして、薬師如来の真言を一心に唱え三十七日間御祈祷をした結果、今までこの地をあばれ廻っていた龍もこの法力によって池の中より出られず遂に法の悟りを聞いて往生したりと伝えられる。土地の人々はこの大池を埋め、この跡地に小庵を造り名僧としてこの高僧を礼拝し、この庵に住んで頂き、薬師堂を建立、薬師如来像を安置した。その後、永禄7年に当地方に悪い疫病が流行し、人々が恐れをなしている時、たまたま当時の住職である吉山玄豚(きつざんげんたく)和尚(1561進山~1598示寂)の夢枕にこの薬師如来が現れ、「われ当山の薬師如来なり、信心を以て一心に礼拝せば直ちにこの地の疫病を除かん。さらに真言を唱えることによってその祈祷により領主に対して厄を除き大願を成就せしめん。」とのお告げがあり、直ちに薬師如来の真言を一心に唱え法印を結び薬師経を読誦した結果、不思議にこの地の疫病が止んだとされ、近隣の人々は、深くこの薬師如来を信仰するようになった。その後、慶安年間に至り、徳川三代将軍家光公の命を受け当山山門に徳川家の安泰と庶民の安泰を祈るべく、厄封じ祈祷額を掛けた。以後、厄除け、六算除け、虫封じ、身体健全、家内安全、交通安全等の約六百年に及ぶ伝統のある祈祷寺として今日に至っております。

 平成31年厄年の方及び方位よけを受ける方
厄除け・方位よけ・六算除け・虫封じ・家内安全・身体健全・交通安全・車祈祷・商売繁盛・合格祈願・病気回復・縁結び・子授け・安産・水子供養等随時受付をしております。お電話等でお問い合わせください。

 
平成31年厄年表

 ・
男性

前厄  本厄  後厄
24歳
平成8年生
 25歳
平成7年生
 26歳
平成6年生
 41歳
昭和54年生
 42歳
昭和53年生
 43歳
昭和52年生
  50歳
昭和45年生
  51歳
昭和44年生
  52歳
昭和43年生
 60歳
昭和35年生
 61歳
昭和34年生
 62歳
昭和33年生

 女性
前厄  本厄  後厄
18歳
平成14年生
 19歳
平成13年生
 20歳
平成12年生
 32歳
昭和63年生
 33歳
昭和62年生
 34歳
昭和61年生
 36歳
昭和59年生
 37歳
昭和58年生
 38歳
昭和57年生
  50歳
昭和45年生
 51歳
昭和44年生 
 52歳
昭和43年生 
 60歳
昭和35年生
  61歳
昭和34年生
62歳
昭和33年生 

 幼児
前厄  本厄  後厄
3歳
平成29年生
 4歳
平成28年生
 5歳
平成27年生

 ・児童
前厄  本厄  後厄
12歳
平成20年生
 13歳
平成19年生
 14歳
平成18年生

 注)数え年にて生まれ年を記載しております

 
平成31年方位よけ早見表
八白土星
(中宮) 
二黒土星
(東北 暗剣殺)
四緑木星
(北)
五黄土星
(西南
昭和4年生 昭和元年生 大正13年生  大正12年生
昭和13年生 昭和10年生 昭和8年生  昭和7年生 
昭和22年生 昭和19年生 昭和17年生  昭和16年生 
昭和31年生 昭和28年生 昭和26年生  昭和25年生 
昭和40年生 昭和37年生 昭和35年生  昭和34年生 
昭和49年生 昭和46年生 昭和44年生 昭和43年生
昭和58年生 昭和55年生 昭和53年生 昭和52年生
平成4年生 平成元年生 昭和62年生 昭和61年生
平成13年生 平成10年生 平成8年生 平成7年生 
平成22年生 平成19年生 平成17年生 平成16年生
平成31年生 平成28年生 平成26年生 平成25年生
    中宮:八方ふさがり、暗剣殺:凶方位の一つ